プロフィール

わたなべ りく

1970年 東京生まれ。
東京理科大学に進学するも3年で中退。その後様々な業種につき約15年前、東京の小田急電鉄株式会社の子会社に就職。営業職として管理職までなるが、業務過多で鬱病(うつ病)になる。結果、病気が原因で退職。
闘病生活を10年続け現在も投薬治療を続けている。精神状態が安定したころ、投薬治療だけでは完治しないと悟り、心理学の勉強をはじめる。
2015年、米国NLP™協会認定プラクティショナーの資格を取得し、自らの考え方や人生観が変わったことにより、同じ病気に苦しむ人の役に立ちたいと考えるようになる。
同2015年、カウンセラーとして起業することを決意し現在に至る。
(東京都渋谷区広尾在住)

資格

米国NLP™協会認定プラクティショナー

2015年6月取得。
米国NLP™協会認定の「NLP」とは、NEURO LINGUISTIC PROGRAMMING の略称で、神経・言語・プログラミングの3要素からなる「脳の取扱説明書」と言われている心理スキルです。
政治家のスピーチやプロスポーツ選手のメンタル強化などでも活用されていることで有名なスキルなのです。

トランザクショナルアナリシス(TA)交流分析カウンセラー

2016年4月取得。
TRANSACTIONAL ANALYSIS COUNSELOR の略称で、精神分析の創始者として有名なフロイトの流れをくむ、エリック・バーン博士によって開発された、新しい臨床心理学の分析システムです。

インナーチャイルドセラピスト

2016年6月取得。
INNER CHILD THERAPIST。
幼児期に形成された個人の潜在的で、無意識のうちに現れる性格のことをインナーチャイルドという。
アダルトサバイバーという言葉がありますが、インナーチャイルドと関係が深いとされています。




カウンセリングを受けた、ご感想やご意見を、ご自由にお書きください。

プロフィール」への6件のフィードバック

  1. (*^-^*)りく先生。

    この度は私のお話を親身に聞いて頂き、誠にありがとうございます。

    現在、適応障害で通院・服薬しながら、休職中の身ですが、
    毎日、不安定な気持ちで、くすぶっている自分に
    言い知れぬイラ立ちと焦燥感を感じ、過ごしてきました。

    この状態から早く脱却し、健やかに過ごせる様になりたいと願いつつも、
    なかなか突破口が見付からず、八方塞がりの様な気分に陥る事も度々でした。

    そんな中、りく先生のカウンセリングを受けさせてもらえる機会を頂き、
    お話ししながら色々なアドバイスをしていただいてるうちに、
    今までの自分の考え方や価値観、又、一つのことに拘り始めると、
    そこから抜け出せなくなってしまう『クセ』が、私には付いているというコトに気付きました。

    その物事に対する考え方を違った角度でも見れる様、少しずつ努力をしていく事や、
    私の場合、良くも悪くも過去を思い出し振り返り過ぎてしまう悪い『クセ』が、
    付いてるいるコトにも気付く事が出来ました。

    その私の中にある幾つかの色々な考え方の『クセ』が、
    今の自分をどんどん苦しめ、中々、前に進めないのではないか・・・という風に、気付けた事が、
    精神疾患を克服する為の、今後の第一歩に繋がった気がしております。

    まだまだこれから色々な考え方を変えていく努力が必要な私ですが、
    今後とも、どうぞ宜しくお願い致します♪♪

    (*^o^*)M.A 新潟県 女性

  2. 先日はありがとうございました(^-^)

    りくさんと話してると落ち着きます。
    りくさんの声を聞いて、ホッとして気持ちが安定しました。
    癒されました。

    りくさんと話をしたあと、それまで悩んでもがき苦しんでいたのがウソのように気持ちが落ち着きました。

    「自分は今、どうすべきなのか」壁にぶち当たっていました。
    ですが、お話をしていただいた後、なんの問題もなく乗り越えられました。

    本当に本当にありがとうございました。

    三重県 女性

  3. 本日はありがとうございました。
    りくさんとお話しでき、私のこころのなかでの躊躇している気持ちを汲み取っていただき、私自身がいまの状況をどうしたいかを明快にご説明くださいました。
    安心感を得られました。

    あとはわたしが実行に移すのみです。
    うまくいくことを信じて!

    東京都 男性

  4. りくさん。

    先日は『エゴグラム』と『OK図表』のテストを受けさせて頂き、
    誠にありがとうございます。

    時々、自分自身の考えているコトや行動でさえ、解らなくなってしまうコトや、
    感情を抑制することが出来なくなってしまうコトに悩んでいたところ、
    この2つのテスト結果に、正直、驚きを隠せませんでした…。

    りくさんが、とても解りやすく親切にご説明してくださったお蔭で、
    今までなかなか見えてこなかった、自分自身の根本的な心理状態を知ることが出来、
    ずっと心の中で、つっかえていたものが取れて、随分と心が楽になれました。

    まずは、常に自分という人間をきちんと知るコトや知ろうとするコト、
    又、今後どうしていきたいのか…何がしたいのか…を、明確にしていくコトが、
    病気改善の為の最も重要なポイントだということを、
    この度のカウンセリングで大きく感じることが出来たので、自信が持てる様になれました。

    あんなにマイナスなことしか考えられなかった私も、
    プラスな気持ちへと方向性を変えていくコトが出来る様になれるんだと、実感しております。

    本当にありがとうございました。 

    新潟県 女性

  5. 19年前から病気になり鬱病から適応障害になり2回入院しました。人間関係や家族のことで悩んで苦しんでも友達からはマイナス思考ネガティブだって言われて辛い時に(りくさん)のホームページを見つけて直ぐに連絡を取ってから~日に日に良くなってきました。
    今まで病院の先生の言葉は何だったのかな?薬は直ぐにはやめれないけど…
    りくさん(^o^)vありがとう
    私のトラウマを少しずつ取り除いてくれたおかげで嫌な記憶を思い出しても苦しくなったり悲しくなったりしないと思います。もうしばらくは(りくさん)よろしくお願いしますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です